禁書目録ピンボール

「キットカット 梅酒 鶴梅」9月発売決定

抹茶・日本酒の次は、梅酒!!
“メイドインジャパン キットカット“で、世界で高まるUMESHU人気へ対応
「キットカット 梅酒 鶴梅」9月発売決定
~中田英寿プロデュース第2弾 - 和歌山県「紀州南高梅」でつくられた銘酒「梅酒 鶴梅」を使用~

ネスレ日本株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO 高岡 浩三)は、訪日客含む海外からの需要獲得に向けて、弊社代表取締役・中田英寿プロデュースのもと、和歌山・平和酒造の銘酒「梅酒 鶴梅」を使用した「キットカット」の 9月発売を決定したことをお知らせします。発売に先駆けて、本日より4月30日(月)までの期間、六本木ヒルズで開催されている祭典「CRAFT SAKE WEEK」にて、試作品を限定240名に提供します。

❑ヒット仕掛け人・中田英寿が着目したのは海外で人気急上昇中のUMESHU!
累計350種・常時30種類超の豊富なフレーバーを展開する日本の「キットカット」は、驚きとこだわりが詰まった“メイドインジャパン キットカット”として国内外から好評を博しています。中でも、日本の伝統産業の魅力を世界に広める活動に注力し、全国300酒蔵を巡った中田英寿とコラボレーションした「キットカット 日本酒 満寿泉」(富山県・枡田酒造の銘酒を使用)は、従来品と比較し70%超の売上を達成する程、好調に推移しています。この度、中田が着目したのは”プラムワイン”や”UMESHU”と呼ばれ、近年海外で急激に需要が拡大*している梅酒。和歌山の銘酒「梅酒 鶴梅」(平和酒造)を使用した「キットカット」を新たに開発し、9月に発売します。

❑ 厳選した梅酒「鶴梅すっぱい」と「キットカット」のマリアージュ
ホワイトリカーや本格焼酎ベースでつくられる梅酒が多い中、本商品には日本酒ならではの豊かな香りをもたらす日本酒ベースの梅酒を選定。和歌山の高級銘柄「紀州南高梅」の中でも、濃厚な味わいを持つ大粒の完熟梅を厳選し、仕込みを繰り返してその五味を引き出した銘酒「梅酒 鶴梅すっぱい」をベースとした粉末酒を使用しています。完熟梅のほのかに甘く奥深い味わいを、ホワイトチョコレートと繊細なバランスで組み合わせることで、芳醇な香りとすっきりとした後味をお届けします。
*国税庁によると、梅酒などリキュール類の輸出額は6年間で2.5倍以上に拡大(2011年:18億4千万円→2017年:49億8千万円)。世界中に拡がる日本食ブームに伴い、海外では「UMESHU」や「プラムワイン」と呼ばれ、日本食に合う飲み物として需要が拡大していると言われている(ネスレ調べ)。
発売に先駆けて、4月30日(月)までの期間、「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS」特設ブースにて、「キットカット 梅酒 鶴梅」の試作品を限定240名へ提供します。

■商品概要
製品名: キットカット ミニ 梅酒 鶴梅
内容量: 9枚
希望小売価格(税抜): 700円
販売場所: 全国のお土産店、「キットカット ギフトショップ」(りんくうプレミアム・アウトレット内)
発売時期: 2018年9月中旬
種類別名称: 準チョコレート(うめ香料使用)

■パッケージのこだわり
梅の爽やかさを表現した緑色に、色鮮やかなオレンジ色の南高梅が映えるパッケージの中央には、「固く結ばれた絆」、「運命向上」といった意味を持つ、赤い「梅結び」があしらわれた酒瓶を配置。海外からの観光客に、日本土産として満足していただける高級感溢れるデザインに仕上げている。

■中田氏コメント
「世界で受け入れ始めている日本酒同様、梅酒も海外で非常に人気があります。特に女性には人気が高いので、新フレーバーには梅酒を提案しました。梅どころ和歌山で、クオリティの高い梅酒を作っている平和酒造は、今回コラボレーションする相手として最適だと思い、ご相談させていただきました。」

■平和酒造・山本文男社長コメント
度重なる試作を経て、今回使用する「梅酒 鶴梅すっぱい」の特長である爽やかな酸味とチョコレートの甘味がうまくマッチした仕上がりになったと感じています。20~30代の若い方々や普段お酒を飲まない方にも、是非食べていただきたいです。そして紀州南高梅を使用した梅酒を知っていただき、和歌山・紀州の魅力を国内外に伝えていきたいです。」

  • この記事をシェアする